空気清浄機レンタル×用途

【知るべき】赤ちゃんに空気清浄機はいらないのか?必要な理由を解説!

空気清浄機画像

空気清浄機はないよりあるほうが絶対にいい

赤ちゃんに空気清浄機は本当にいるのかと疑問に感じる部分がありますよね。
結論から言うとないよりあるほうが絶対にいいです。

空気環境は目に見えないので実際に効果がわかりにくいですよね。
しかし、空気環境は汚れあることも事実です。
見えないのと効果の実感がしにくいと空気清浄機を使用しないでいると環境は知らずに悪くなります。

そこで今回の記事では赤ちゃんのいる環境で空気清浄機を置いた時にメリットと選ぶ基準について解説します。
現在赤ちゃんがいる環境で本当に空気清浄機がいるのかとまよっているかたはぜひ、参考にしてください。

赤ちゃんに空気清浄機が必要な理由

赤ちゃんに空気清浄機が必要な理由を解説します。

単純に空気環境がよくなり風邪予防になる

空気清浄機の必要性でよく言われることですが、単純に風邪予防になります。
空気環境は菌などが浮遊しています。

この浮遊しているほこりやウイルスなどを浄化してくれるので結果、風邪予防になる空気環境を作ることができるのです。

赤ちゃんの性質として生後半年はお母さんの抗体をもらって生まれてくるので風邪をひきにくいですが、半年を過ぎたあたりから風邪をひく機会も増えてきます。

その時に空気環境が良くないと風邪をひきやすくなってしまいます。
できれば、空気清浄機を設置して、環境をよくすれば風邪の予防にもなります。

赤ちゃんの行動範囲は大人より低い

赤ちゃんがいる家庭で空気清浄機を設置したほうがいい理由として、赤ちゃんは行動範囲が大人より低いです。

ほこりは落ちて床にたまりやすい状態になります。
行動範囲が低い赤ちゃんはその中を生活することになるので、大人より、空気環境がよくないのです。
空気清浄機であれば、下から吸い込むかたちの製品もあるので床の空気環境を良くすることも可能です。
床下の空気環境が良くなれば赤ちゃんが生活する範囲内で吸い込む空気も良くなると言うことなので体にも悪い影響はないでしょう。

乾燥した空気だとウイルスは活発になる

赤ちゃんがいる家庭が空気清浄機を設置した方が良い理由として乾燥した空気だとウィルスなどの菌が活発になることです。これは秋や冬など乾燥したときに限ってことになりますが空気清浄機に加湿器が付いているものが多いです。 
そのため、乾燥した空気の湿度を高くしてくれるのでウィルスや菌などの活発になる乾燥した空気環境を改善してくれます。

また空気清浄機で加湿することにより風邪の予防にもなります。
喉が痛いなどの体調不良も改善されますので効果としては幅広くあります。
空気清浄機は空気環境を良くするだけではなくこのようにウルスや菌などの動きを抑える効果がありますので
赤ちゃんがいる家庭は病気の予防にもなります。

空気清浄機を選ぶ基準

赤ちゃんがいる家庭お勧めの空気清浄機を選ぶ基準を紹介します。

転倒してもいいように軽くてコンパクトなものを選ぶ

赤ちゃんが居る家庭で空気清浄機を置くときのオススメは軽くてコンパクトなものを選ぶと良いです。
その理由として万が一赤ちゃんが出直になったときに空気清浄機自体が重いと大怪我につながってしまいます。

軽くてコンパクトなものの方が何かあった時の前に軽傷で済む可能性があります。
実際に軽いと逆に倒してしまう可能性があると思うかもしれませんが実際には重い方が傾いた時に倒れやすいです。

空気清浄機選ぶときはできれば軽くてコンパクトなものを選びましょう。

チャイルドロック付き

赤ちゃんがいる家庭が空気清浄機を選ぶ基準としてチャイルドロック付きのものを必ず選択しましょう。
チャイルドロックとはある一定の操作をするとボタンをしても操作ができなくなる機能です。
この機能がないと勝手に赤ちゃんが操作したりしてしまい事故にもつながる可能性があります。

たいていの空気清浄機にはついてるかと思いますが念のため確認した方が良いでしょう。

吸い込みがなるべく低いものを選ぶ

空気清浄機の吸い込み口の位置はメーカーによって様々ですが低いものを選ぶと良いでしょう。
赤ちゃんは行動範囲が低いのでできれば床の付近の空気環境をよくしてあげたほうがいいです。
そのため吸い込み口が低い方が床の近くの空気を良くできるためおすすめです。

メーカーの商品説明欄を見れば吸い込み口の位置も書いてあるので確認しておくと良いです。

赤ちゃんのいる家庭におすすめの空気清浄機

赤ちゃんがいる家庭におすすめの空気清浄機を紹介します。

BALMUDA The Pure 空気清浄機 A01A-WH

バミューダは日本のブランドです。
このバミューダの空気清浄機を赤ちゃんのいる家庭におすすめする理由として、まず吸込み口が下にあることです。
赤ちゃんの行動範囲は大人よりも低い位置にあります。
そのため、できるだけ低い位置の空気環境を良くしたほうがいいので吸込み口は下のほうがいいです。
また、かたちも長方形型のコンパクトなかたちをしているので、幅もとらずに使いやすいです。

フィルターもHEPAフィルターを採用しているので、性能としても申し分ありません。
デメリットとしてはお値段が他のメーカーよりも少し高いので、見た目やかたちにこだわりがないのであれば、他のブランドでもいいと思います。

ダイキン MCK55W-W 加湿ストリーマ空気清浄機

ダイキンのMCK55Wの加湿ストリーマも赤ちゃんのいる家庭にはおすすめです。

こちらも吸込み口は下についており、吸引力も非常に高いです。
運転音もターボにしても静かなので個人的に一番おすすめの空気清浄機です。
かたちもコンパクトでスリムなので置き場所も選ばずに使えるので使い勝手がいいです。

パナソニック 空気清浄機 ナノイー・エコナビ搭載 ~25畳 ブラック F-PXT55-K

パナソニックのF-PXT55-Kも赤ちゃんのいる家庭はおすすめです。
パナソニックの空気清浄機も前面の下に吸込み口がついているので低い位置の空気環境をよくすることができます。
また、汚れの種類によって気流のモードを変えることができるので自分に合わせた空気環境をつくることができます。

かたちもダイキンほどではないですがある程度コンパクトです。
フィルターも3枚使用しているので性能としても申し分ありません。
しかし、ダイキンのほうがコンパクトなので幅もとらないでしょう。