空気清浄機レンタル×用途

空気清浄機の手入れはどうやるの?気になる加湿器の手入れ方法も紹介!

空気清浄機の画像

空気清浄機の手入れは必要

空気清浄機はメンテナンスを必要なのかどうか迷いますよね。
また、必要であってもどのフィルターでどのくらいの頻度で行えばいいのかいまいちわからない部分もあります。

フィルターの清掃などは箇所によって違いますか基本的には1ヵ月に1回行うのが望ましいでしょう。
そこで今回の記事では空気清浄機のメンテナンスを場所別に解説してどのぐらいの頻度で行えば良いのかを紹介します。

この記事を参考にすれば空気清浄機のメンテナンス箇所と頻度が分かります。

空気清浄機を手入れするタイミング

空気清浄機の手入れをするタイミングは使う頻度にもよりますが毎日使うようであれば1ヵ月に1階が良いでしょう。
基本的に空気清浄機はメンテナンスをしないと性能が落ちていきますのでできれば期間が開くのは避けておいた方が良いでしょう。

空気清浄機の手入れのポイント

空気清浄機の手入れの箇所とやり方を紹介します。

加湿フィルター

空気清浄機の加湿器の手入れで一番重要なのが加湿フィルターの手入れです。
加湿フィルターは空気清浄機の後面についていますので、横のタンクをさらに引っ張ると出てきます。

この加湿フィルターを水で湿らせて、加湿する仕組みになっています。
この加湿フィルターは基本水に浸されているので雑菌などが繁殖する可能性があります。
そのため、1ヶ月に1回程度は手入れをする必要があります。

手入れの方法としては、水あかなどがついている場合は重曹を使用し、白い粉などが吹いているときはクエン酸を使用するといいです。
においがきつくなってきたときは重曹をつけ置きするといいですね。

給水タンク

給水タンクは横についている水を給水するタンクです。
給水するタンクは水がなくなると補充するうと思いますが、中は水に浸されているのでこの中も水あかなどがついていることが多いです。

給水するタンクの手入れ方法はスポンジなどで内側から、こするのがいいです。
その際に、普通に手を入れてスポンジなどでこすろうとすると入らない可能性があるので、100円均一などである、コップを洗うスポンジなどであらうときれいにあらうことができます。

給水センサー

意外に大事な手入れポイントが給水センサーです。
給水センサーはタンクを抜くと下の方に四角形で押すと浮いてくるものです。
基本的に水を補充すると浮いていきますが、なくなると下に下がって給水ランプがつく仕組みになっています。

この給水センサーが水あかがついて、反応しなくなることがあるので、こまめにていれすることをおすすめします。
手入れ方法は単純で四角形の給水センサーを取り外すことができるので、外して、スポンジなどでこするだけです。
そのときに給水センサーのまわりもスポンジなどで洗っておくといいでしょう。

フィルターの手入れ

空気清浄機のフィルターの手入れを紹介します。
フィルターは集じんフィルターと脱臭フィルターに分かれています。

集じんフィルターに関してはこちらも1ヵ月に1回表面を掃除機で吸うと良いでしょう。

脱臭フィルターに関しても表面を掃除機で吸うのが基本ですがメーカーによっては洗って手入れをできるものもあるので説明書などを確認しながらメンテナンスをしていくといいです。

空気清浄機にメンテナンスは必須

空気清浄機を使用するならメンテナンスは必須です。
空気清浄機自体のフィルター交換は5年から10年ですがそれはしっかりとメンテナンスをした上での年数です。

空気清浄機は継続的に使用するものなので思っている以上にフィルターなどに汚れが付着して入れます。
それが長年積み重なると取れなくなってしまったりするので日頃まめに掃除する方がお勧めです。

そうすることにより空気清浄機の寿命も長くなるでしょう。