空気清浄機レンタル×用途

ハウスダスト対策におすすめの空気清浄機を紹介!メーカーを比較検討する!

空気清浄機の画像

ハウスダストに空気清浄機は効果あり?

ハウスダストに空気清浄機が効果があるのかですが結論から言うとあります。
空気清浄機メーカーの河野にも基本的にハウスダストを直できると表記があります。

近年の空気清浄機は性能が高くなっているためかなり小さい雄士でもキャッチできるようになっています。

そこで今回は記事ではハウスダストに対してどのメーカーがおすすめなのかとどのポイントをみて判断するかを解説します。
私は10年以上空気清浄機を使い続けています。

また、空調などの設備の仕事のしているのでその観点からも空気環境がどう変化するのかを解説します。

ハウスダスト対策で気にする性能

ハウスダストの対策でどの性能が関係していて、きにすればいいのかを解説します。

フィルター

フィルターですが、なるべく集塵能力が高いフィルターを選ぶことが大事です。
今でしたら、HEPAフィルターがあります。

これはフィルターの名前で集塵能力が非常に高いです。
HEPAフィルターを通るときに0.3μm以上のものは99.97%が除去される能力があります。
0.3μmはどのくらいの大きさかと言うと花粉が数十μmの大きさなのでそれよりもはるかに小さい大きさです。

つまり、目に見えないものウイルスなども除去できることです。
ここで勘違いしないでほしいのがあくまでもフィルターを通過するときにそのくらいの割合で除去できることですので、空気中の汚れの99.97%が除去できることではないので注意してください。

あとは空気環境のメーカーのダイキンから発売されたTAFUフィルターがあります。
こちらは集塵能力はHEPAフィルターとさほど変化はありませんが、その能力の長さが違います。

これまでHEPAフィルターの集塵能力について説明しましたが、これが10年続くわけではあTAFUフィルターは70%ほど能力が保たれると言われています。

つまり、TAFUフィルターのほうが長持ちするということです。
ハウスダスト対策を考えている方はこのHEPAフィルターかTAFUフィルターのどちらかで考えてみるといいですね。

適用畳数

適応畳数とはその空間を30分で綺麗にできる面積です。
ちなみに日本電機工業会規格です。

この適用畳数ですができれば倍の適用畳数を考えておくといいです。
つまり、使用する部屋が6畳だと適用畳数は12畳以上の空気清浄機を選択するといいです。

やはり、30分で1回の能力だと物足入ないので倍の適用畳数で考えておけば15分に1回は全体の空間がきれいになる計算なので、常にクリーンに保つことができます。

吸い込みの強さ

次に重要なのが吸い込みの強さです。
いくらフィルターなどの性能が良くても吸い込まなければ意味がありません。

そのため、その空気清浄機の吸い込みの強さが重要になってきます。
実際に吸い込みの強さは記載されているものもあれば、記載がないものもあるのでここは実際に試してみないとわからない部分があります。

しかし、いまの空気清浄機は大抵はしっかりと吸い込みをしてくれるのでそこまで気にする項目でもないかもしれません。

高性能な空気清浄機メーカーランキング

次に高性能は空気清浄機をランキングにいしてみたいと思います。

ダイキン

はじめに紹介するのがダイキンの空気清浄機です。
ダイキンが一番の理由はやはり、TAFUフィルターが使われていることです。
このTAFUフィルターはもちろんハウスダストもキャッチすることもできます。

HEPAフィルターがと能力はそこまで変わりはないですが、能力が落ちていきづらいのは非常に魅力です。

空気清浄機にとって、フィルターは非常に重要な役割をもっています。
フィルターの性能で考えるとダイキンの空気清浄機がちょっと先を行っているかと思います。

coway

COWAY韓国のメーカーで近年段々と増えています。
こちらの空気清浄機も集塵能力はHEPAフィルターと変わりはないくらいの性能があります。

このCOWAYの優れているところは適用畳数が8畳を6分で清浄できるくらいの能力があるので非常に強力であることがわかります。

また、他のおすすめポイントとしては、吸込口などが多数あるのでどこからでも吸い込める形です。
他の空気清浄機とはまた違ったかたちと能力なのでおすすめですね。

シャープ

シャープは空気清浄機といえばこのメーカーというくらいなのでもはや説明は不要かと思います。

シャープもHEPAフィルターを搭載しているので集塵能力はかなりの高さを誇っています。
そのため、ハウスダストももちろんキャッチするこもできます。
また、プラズマクラスターがポイントです。

こちらは簡単に言うと空気中のウイルスを空気中から発生するイオンがくっついてウイルスの有害な部分を取り除き抑制して空気中に戻ることを言います。

つまり、空気清浄機を作動させればさせるほど空気中のウイルスが吸い込みだけでなく発生するイオン効果でもきれいになることを言います。

つまりダブルで効果が発揮されます。

パナソニック

パナソニックの空気清浄機の特徴はナノイーXが搭載されていることです。
このナノイーXとは先程のシャープのプラズマクラスターとにている部分はあるのですがつまり、空気中にOHラジカルというものをだして、空気中のウイルスや汚れと結合することにより、ウイルスなどの効果を抑制するものです。

また、フィルターの集塵能力もしっかりとあるのでハウスダスト対策も問題なくできます。

また、パナソニックの空気清浄機は吸い込みと吐き出しが前面ついているので壁際(1センチは空ける)につけても問題なく使用できます。

他の空気清浄機のメーカーだと吸込口が後方にもついているものも多いので置き場所に困ることも度々あります。

しかし、パナソニックの空気清浄機だとそれがないので置き場所に困ることもすくなくなります。
あとは空気清浄機の種類によっては13種類の花粉をキャッチする効果もあるのでもし、多数の花粉症に悩まれている方はパナソニックの空気清浄機はおすすめですね。

購入よりレンタルもあり

これまでハウスダストの対策のおすすめの空気清浄機を紹介しましたが1つ言ってなかったのが値段の問題です。

やはり良い性能のものは値段もそれなりにします。
もし、購入が難しいようでしたら、実はレンタルするということも可能です。

レンタルだと月額2000円~3000円程度で借りることができますのでそこまで負担にはなりづらいですね。

安い買い物ではないのでもし、商品やメーカーが気になるようでしたら、一度レンタルしてから考えてみてもいいかもしれませんね。