空気清浄機レンタル×用途

空気清浄機の用途はこう使う!必要な場面での効果的な使い方を紹介!

空気清浄機の画像

空気清浄機が必要な時

空気清浄機は空気環境を良くするのに必要な家電です。

しかし、どんな用途で効果的な使い方があるのか事前にしてみておいた方が良いかと思います。
単純に空気清浄機を買ってもどんな時に使用すればいいのかわからないと無駄になってしまいます。

そこで、空気清浄機が必要になる場面と効果的な使い方を紹介します。
この記事を読めば今後自分に必要なためになっただけでも効果的な使い方ができます。

花粉症対策

空気清浄機の用途として多い部類に入るのが花粉症対策として使用する時です。
花粉症は昨日杉から出る花粉が原因です。

しかもその花粉は目に見えないので非常に厄介です。
空気清浄機の役割としてはこのような目に見えない花粉やウィルスを除去してくれるのが1番の役割です。

現在、感謝の方がもちろんのこと日本国内に住んでいる人は誰でもなる可能性があります。
そのため、空気清浄機を持っていたら花粉症になった時も対応できます。

ハウスダスト対策

ハウスダストも空気清浄機を使用する理由としてかなり多いです。
ハウスダストの原因としては家の中でのほこりなどが原因です。
この誇りに関しても目には見えないので空気清浄機のことで空気観光を良くするのが1番の方法です。

基本的にこのような目に見えないような浮遊物に対して自分でできる方法としては空気清浄機で空気環境を良くするのが1番です。

出産&赤ちゃんの空気環境

赤ちゃんが生まれた時に空気清浄機を使用することが多いです。

その理由としては基本的に赤ちゃんは寝ていたりハイハイをすることが多いです。
つまり、床付近にいることが多いためほこりなどを死にやすいです。

本的に空気中のほこりの浮遊物は下に落ちていきます。
そのため、汚れ等が下に溜まっている中で赤ちゃんを置いておくのは衛生的にもあまり良くありません。

できれば、ほこりなどが浮遊してる状態で空気清浄機を使い除去するのが1番です。
そうすることにより、赤ちゃんがいる床面の空気環境を良くすることが可能です。

ウイルス対策

2020年現在ではコロナウイルスが流行して世界に衝撃を与えました。
そして、空気清浄機は全てではありませんが、ウイルスの対策にもなります。

以前まではそこまでウイルスの対策に空気清浄機を使用する考えはあまりなかったのかもしれませんが、このコロナウイルスの流行により、世間の意識が変わってきております。

ウイルス対策に空気清浄機を利用する用途は今後もありそうです。

冬の乾燥対策

これも非常に多いのですが冬の乾燥対策に空気清浄機を使用することです。
これは主に空気清浄機に付属している加湿機能のがメインかもしれません。

空気清浄機には加湿機能がついてるものとないものがあります。
大抵の空気清浄機はついていたりするのですが、冬の乾燥対策に空気清浄機とプラスして加湿機能を使用します。

冬は乾燥して空気環境やのどの調子が悪くなりがちです。
また、乾燥しているとウイルスの動きが活発になるなどあまりいい状態とは言いにくいです。

そこで、空気環境と湿度の状態を良くするために空気清浄機などを使用する用途があります。
冬の乾燥対策に使用することも空気清浄機を使う理由として多いことです。

ペットの空気環境

ペットの空気環境を良くするために空気清浄機を使用することも多いです。
ペットも人間の家族と一緒で環境をよくしないといけません。

ペットも赤ちゃんと同様に床に近いところで生活するのでホコリなどの影響を受けやすくなります。
また、犬や猫などのペットは人間が思っている以上に空気や湿度などに敏感です。
そのため、空気清浄機などで空気環境を整えてあげることは非常に重要です。

空気に浮遊しているホコリなどを除去するために空気清浄機が必要です。
ほこりなどが床に落ちる前に除去してしまうのが一番なので空気清浄機を使用するといいです。

ペットの空気環境を良くすることに使用することも空気清浄機用としては多いですね。

空気清浄機の効果的な使い方

空気清浄機の効果的な使い方について説明します。
空気清浄機はフィルター交換などメンテナンスなど細かいことも多く、そのあたりを怠ってしまうと、十分に効果が発揮されない可能性があります。

そのため、空気清浄機の使用環境など効果的使い方について説明します。

十分な空間を持たせる

空気清浄機は室内の空気を吸ってから、清浄してきれいな空気を出します。
そのため、大抵は空気を吸い込み口と吐き出すところがあります。

吸い込みところにしっかりと空間を開けておかないと空気中のほこりなどがしっかりと吸い込めずに空気環境がよくなりません。
大体は空気清浄機の後ろに吸い込みと前面に吐き出し口があるので、確認をして、空間を開けておくようにしましょう。

フィルターの洗浄は月1で

空気清浄機にフィルターがついています。
主に通常の空気を洗浄する用と加湿用のフィルターです。

このフィルター類ですが基本的にはメンテナンスしないとどんどんと汚れていきます。
フィルターに汚れがつくと空気清浄の能力が弱くなりますし、もしかすると汚れた空気がそのまま出る可能性もあります。

そのため、定期的に自分でフィルターを掃除することになります。
もし、この作業が面倒なようでしたら、空気清浄機のレンタルサービスもあります。

空気清浄機のレンタルサービスでしたら、新しいフィルターなどが送られてきますので、メンテナンスは非常に楽です。

エアコンと扇風機で空気を拡散

空気清浄機の原理として、汚れた室内の空気を一度吸い込みきれいにしてから、空気中に拡散するのが流れです。

空気清浄機の風量でも室内に拡散できるのですが、より効率的に拡散するのであれば、扇風機やエアコンの近くにおいて行うのも1つの方法です。

扇風機やエアコンの風量は空気清浄機よりも強いので、その力を使ってより室内のまんべんなくきれいな空気を行き渡らせるのが目的です。

エアコンと扇風機を使うとより効率的に空気清浄機を使用できます。

空気清浄機の設置場所

空気清浄機の設置場所ですが基本的には部屋の壁際がいいとされています。

しかし、エアコンや扇風機との兼ね合いがあるので、一概にはいえません。

もし、ご家庭で扇風機を使用している場合は以下の設置場所がいいです。
・風量が弱ならすぐ近くに空気清浄機を設置
・風量が強なら、対角に空気清浄機を設置
です。

こうすることにより、扇風機の風との相乗効果によりきねいな空気が循環します。

次にエアコンの場合ですが、こちらは逆のパターンになります。
・エアコンの風量が強ならすぐ下に空気清浄機を設置
・エアコンの風量が弱なら対角に空気清浄機を設置
こちらも先程の扇風機と一緒でエアコンの風と風量により空気中に飛んだほこりを空気清浄機がきれいにしてくれます。

このように設置場所によって効果は変わってきます。

空気清浄機は一台は持つべき

これまで空気清浄機の用途や効果的な使用方法を解説しましたが、1台は持っておくべきかと思います。

それが購入でもレンタルでも構いませんが、室内に空気清浄機がある状態にしておくことが大事です。
空気環境は目に見えないので気づきにくいかもしれませんが、意外に汚れているものです。

そのため、空気清浄機などを使用して環境を良くすることが一番です。
最初の設置などはむずかしいところはあるかもしれませんが、設置してしまえばあとはつけておくこととメンテナンスをするだけです。

ぜひ、この機会に考えてみてはどうでしょうか?